赤ちゃんのアトピーが起こる原因|保湿を丁寧に行おう

赤ちゃんの睡眠環境

赤ん坊

快適な睡眠環境のため

子供が生まれたら、ベビーベッドはなくても大丈夫ですが、ベビー布団はやはり必要になります。1日の大半を寝て過ごしている赤ちゃんの睡眠環境をきちんと整えるために、素材や使い勝手も考えられたベビー布団が人気です。掛け布団と敷布団、シーツやカバーが一色になったものが大半です。ベッドや床を汚さないように防水シートを併用すると手間が少なくなります。ベビーベッドと一緒に使うならサイズも入るかどうか確認しましょう。ベビー布団を選ぶ時、サイズや素材は念入りに選ぶことが大切ですが、色や柄は凝ったものにしないで白や無地などを選ぶのが無難です。兄弟ができた時にまた使うとしたら、性別が違っても使えますし、人に譲る場合でも喜んでもらえます。

素材と使う期間の差

ベビー布団は、オーガニックコットンなど素材にこだわったものが多くあります。皮膚が薄くて汗っかきの赤ちゃんには、なるべく肌に負担のない素材を選んだほうが安心です。また、大人のものと比べると、洗濯の回数は非常に多くなるので、充分耐えられる素材かにも注意です。短い間しか使わないので安いものにしたら、まだ必要なうちにボロボロになってしまい買い換えたと言うケースも多くあります。ベビー布団を使う期間は、赤ちゃんの成長によって個人差はありますが、約1歳から2歳にかけて使用するでしょう。そのため、購入する際には、長く使用するためにも赤ちゃんの成長に合わせるべきです。よいものを選んで赤ちゃんをすくすく育てましょう。