赤ちゃんのアトピーが起こる原因|保湿を丁寧に行おう

アレルギーではない

親子

赤ちゃん日焼け止めおすすめランキング

赤ちゃんに日焼け止めを塗るときは、身体に影響の少ない素材かどうか調べておきましょう。無添加製品が安全です。

バリア機能がなくなる

皮膚の毛穴からは皮脂が出て、薄い脂の幕が表面を覆っています。皮膚の一番外側にはセラミドと呼ばれる脂質があって、体の防御機能の第一線になっています。アトピー性皮膚炎の赤ちゃんはセラミドを正常に作ることができません。このため肌が乾燥してしまい、カサカサしがちになっています。そこにアトピー性皮膚炎の原因になっているダニやほこりが侵入してきて、アレルギー反応が起こってきます。アトピー性皮膚炎はアレルギーの病気のように思われていますが、バリア機能が不完全であるために起こってしまいます。その結果アレルギーを起こしてしまう物質が赤ちゃんの体の中に入ってきてしまいます。バリア機能が崩れてしまった皮膚は、細菌やウイルスが赤ちゃんの体の中に入りやすい状態になってしまいますので、水いぼやとびひなどにかかりやすくなってしまいます。

塗り薬を使用して

冬は乾燥してしまいますので、赤ちゃんのアトピー性皮膚炎が悪化しやすい季節になっています。保湿性のスキンローションを塗り、皮膚がカサカサにならないように注意をしてください。肌の乾燥を防ぐ方法としてこのローションは人気になっています。夏は汗で赤ちゃんの皮脂膜がはがれやすくなっていますので、かいた汗が皮膚に再吸収されることによってかゆみを起こしてしまいます。高温多湿で細菌感染しやすくなりますので、クーラーを使用して涼しく過ごすようにしてください。水で絞ったおしぼりなどで、こまめに汗や汚れをふき取ることも大切なことになってきます。アトピー性皮膚炎には塗り薬も有効であり、皮膚の炎症を治してかゆみがとれるので、多くの人が塗り薬を使用しています。

赤ちゃんの睡眠環境

赤ん坊

赤ちゃんを寝かせるベビー布団は、自然素材にこだわり、洗濯回数に耐えられるかを重点的に選ぶのがコツです。大人と一緒に寝られるようになるまでの短い期間しか使わないので、それまで持てばいいとの考えもあります。

もっと知ろう

買わずに借りて済ませる

親子

子育てグッズは短期間しか使わないのに高いものが多く、その代表であるベビーベッドはレンタルにするとメリットが高いものです。レンタル料金は月あたり、2週間、1日ごとなどがあり、ベッドのサイズも多く揃っています。

もっと知ろう

デリケートな肌を守る

ベイビー

デリケートで変化に敏感な赤ちゃんの肌をいたわるために、ベビーローションが数多く販売されて、ランキングでも人気になっています。選ぶ時には、まずはサンプルを使って、親の肌で試し、赤ちゃんに少しずつ使ってみるのがおすすめです。

もっと知ろう